ヘリグライド株式会社 URL : http://www.heliglide.com/ E-mail : info@heliglide.com
ヘリグライド
PARAGLIDER
SWING
POWERPLAY
BGD (Bruce Goldsmith Design)
TEAMFIVE
 
PG HARNESS
SWING
CHARLY
BGD (Bruce Goldsmith Design)
 
FLIGHT GEAR
X-Dream Fly
Renschler
SkyDrop
nanovario
KEEN
PLUSMAX
Petzl
GoPro
free*spee
ACRO-ZONE
WeatherFlow
HELIGLIDE
 
MOTOR UNIT / HANGGLIDER
PARAJET
AEF
 
KITE BOARD / KITE SURFING
JN-Kites
JNカイト価格表
CAMRIG
 
HELIGLIDE
ヘリグライドブログ
会社案内
お問合せ
オンラインショップ

Follow Us On:FacebookTwitter

ヘリグライド

パラグライダースクールパラフィールド

ヘリグライド

スイングの機体にフリースピード2.0を!
フリースピードはABS樹脂製で80gと超軽量です。バー中央のカムでアクセルラインを固定しており、フライト中でさえも長さ調整が行えます。また、インストラクターがすぐにスクール生に適した長さへ調整できるため、スクールの現場でもご好評頂いています。

私自身も、このフリースピード2.0を過去1年間に渡り、実際に使用しテストを行ってきました。センターカムもこの期間トラブルなく機能し、バーとラインの強度も十分であることを確認しています。

この“フリースピード2.0“と3段タイプの“フリースピードXC”は、単体で全国の弊社代理店、スクール、ショップ、または弊社オンラインショップにて販売しております。ぜひ、ご利用下さい。

17 Oct 2010 by HELIGLIDE

S.I.V&アクロトレーニング for 2010
よりアクティブにパラグライダーをコントロール!機体の様々な挙動を知り、どうすれば安定するのか?どうすればまずいのか?・・・を、万一の場合のために湖上空でトレーニングを行ないます。不安定な状態を意図的につくり、そこからの回復動作や、早く通常のフライトにもどすこと。緊急のためのスパイラル降下と、アクロフライトの第1歩のテクニック“SAT”(サット)のトレーニングもレベルに応じ行ないます。
03 Jul 2010 by HELIGLIDE

フリースピード【ドイツからの新発想スピードバー】


 フライト中でもアクセルラインの長さを自由に変えることができるスピードバーが登場しました。アンドレアス・ラファエルが自身の経験を生かし、ABS樹脂製の軽量で頑丈、使いやすく、デザインに優れたスピードバーを生み出しました。彼はこのスピードバーのために“free*spee”というブランドを立ち上げたのです。

 ラインナップは32cm幅の「フリースピード2.0」と、16cm幅でポッドハーネスでの使用を想定した「フリースピードXC」の2種類です。

 フリースピード2.0は、スピードバーに初めてカラーバリエーションを持たせました。ブラックまたはホワイト(i-podデザイン)を用意しています。
07 May 2010 by HELIGLIDE

ツイン4 【スイングからのタンデム機・ついに完成!】
長い開発期間を経て、スイングからタンデム機がリリースされました。それがこのツイン4です。スイングでは今まで、アストラルやミストラルをベースにタンデム機を作ってきましたが、このツイン4では純粋にタンデム機として、コンセプトからデザインまで仕上げています。


このツイン4は…

1. テイクオフがイージー:狭かったり、フラットだったり、トリッキーなテイクオフ環境でも安全・安心のテイクオフが可能

2. ショートライン:ライン長を短くし、助走距離の短いテイクオフでもイージーに!

3. トリムスピードと性能の向上:トリム速度を若干速く、高性能

4. トリマーを装備:高速でのフライトやモーターでのフライトも可能

5. 軽いハンドリング:よりニュートラルな操作感

6. 軽量でも損なわれない操作感:110塢婉瓩離侫薀ぅ箸任盻淑なスピードとハンドリングを楽しんでフライト可能

7. 幅広いウエイトレンジ:140-220圓肇錺ぅ匹淵Ε┘ぅ肇譽鵐犬杷Ь攫萋世特徴です。


 多くのタンデムパイロットのリクエストをこのツイン4で実現しました。試乗機も4
月入荷となっています。ぜひ全国のプロタンデムパイロットの皆さんに試して頂きた
いと思います。性能表も近日中に発表します。

25 Mar 2010 by HELIGLIDE

ストラトス コア “Stratus Core”for 2010 season!
 スイング開発チームは3種類のコンペティションウイングを昨シーズンのPWCを含めた世界のトップレベルでテストを繰り返してきました。それらはそれぞれ異なるリジット構造を持たせ、プロファイル(=翼断面型)とアスペクトレシオも異なるモデルでした。

 そのテストからスイングでは、もっともシンプルなリジット構造のモデルを選択しました。ただし、革新的なシェープを持っているモデルです。それは、現在のシリアルモデル(アストラル6とミストラル6)でスイングが最も力を入れているテーマと共通のコンセプトです。


・ ハイアーチ
・ リーディングエッジのきつめの後退角を持たせた翼端
・ 翼とパイロットの距離が近いショートラインコンセプト


 さらにこのストラトスコアでは…

・ 3ステージアクセルシステム
・ トレーリングエッジ付近のミニリブ
・ 12mmケブラーライザー
・ 7.7のアスペクトレシオ
・ 収納時の性能を維持するための新開発“プロテクションバッグ”
・ 41km/h以上のトリム速度
・ 60km/h付近まで素早く加速できるアクセルシステム
・ 不安定な状況でも(前モデルWRCよりも)穏やかなリアクション


*20(74-84kg)、26(125-135kg)も間もなく加わります。


*ストラトス コアは純粋に高速でのフライトを想定したコンペティションモデルです。そのため十分に経験を積んだパイロットに対してだけ限定しての供給となります。
19 Mar 2010 by HELIGLIDE

<< Previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 Next >>


パラグライダースクール Parafield

パラワールド

フランス・アヌシーのパラグライダーの方専用の民宿

 

ヘリグライド株式会社 神奈川県横浜市中区山下町75番地(荻野ビル6F)
TEL 045-680-1866 / FAX 045-680-1867 / E-mail info@heliglide.com