HeliosRS

ヘリオスRS LTF/EN-C.Light weight ... コンフォート& ライトウエイト

HeliosRS

ヘリオスという名前は、クロスカントリーフライトやフライングアドベンチャーには何よりも欠かすことができない『太陽』への敬意を表しています。

ヘリオスRS は、スイングの新しいCクラスの高性能グライダーでありながら軽量に仕上げています。ヘリオスRS では、「パフォーマンスの向上」と「フライト中の快適性」をあたかも相反することを、ともに実現しています。また、独自の内部構造によって、軽量でありながらも⾧い期間に渡り性能は維持され、「軽量であること」と「性能の維持」と相反することも実現しています。

そして開発段階でも、このXC オールラウンダー“ヘリオスRS” は、タイムラグがなく正確なハンドリングでテストパイロットにとっても、絶対的なお気に入りの翼となりました。

とても小さくパッキングできる軽量グライダーとしてもヘリオスRS は高い完成度を持ち、ライザップした瞬間から感じられる穏やかな挙動は浮きの良さと相まって、信じられないほどの快適さです。そのため、いつものルートから離れて、新しいチャレンジをしたくなることでしょう。

さらに、条件がますます厳しくなった時でも、ヘリオスRS はRAST( ラスト) システムが効果的に機能するため、Cクラスのグライダーでありながら、とてもイージーに制御することができます。

HeliosRS

スイングのもう一つのCクラスウイングのアゲーラRS はスピーディーで妥協のない高い滑空性能を持つようにデザインしている一方、ヘリオスRS はコンセプトもすべて全く新しく、別にデザインしています。荒れているサーマルや強い乱気流などのどのようなコンディションでも、冷静に自信をもってフライトを楽しめ、スムースで正確なコントロール性を備える信頼性の高いツールとして、アドベンチャーを力強く支えるパーフェクトな軽量グライダーがヘリオスRS です。

  • わずか3.6 キロ(XS)とCクラスカテゴリーでとして最も軽いグライダー
  • 格別な快適性とCクラスのスポーティさが融合
  • 最小限の性能の低下:ニチノール(細く軽い形状記憶合金)によって正確に形成されたリーディングエッジとスマートに最適化されたライン配置
HeliosRS
HeliosRS

テクノロジーと機能

RAST(Ram Air Section Technology):

HeliosRS

RAST(ラスト)はスイングオリジナルのパラグライダーの安全性と快適性を高める技術として広く認められています。ヘリオスRS にも、この上ない快適性に加え、安定性、コントロール性、高性能を与えるためにRAST(ラスト)を搭載しています。

スイングの特許取得済みのこの翼の前後方向を仕切る隔壁を設ける構造・技術を、ヘリオスRS に最適に配置しています。翼を固く強く保ちながら、内部圧力を最適にコントロールします。またこのRAST(ラスト)により、斜め方向のリブやテープを減らすこともでき、RAST(ラスト)構造を追加することによる小さな重量(=約30g)の増加は、内部構造をシンプルにすることができ、より軽い翼に仕上げることができました。

RAST(ラスト)は安全性や快適性を高めるシステムだということに加え、パッキングサイズを小さく、軽い翼に仕上げるため技術としても欠かすことができない有用な技術・構造です。

インテリジェントライトウエイトデザイン(最適化された軽量設計):

HeliosRS

ヘリオスRS の設計にあたり、内部コンポーネント(構造物)を従来に比べはるかに少なくするという新しいアプローチをしています。

これは、補強するためのテープと斜め方向のリブを革新的に組み合わせ、ライン配置とRAST(ラスト)の位置決めを最適化することにより可能となりました。

そのため、翼の剛性を保つために、ラインアタッチメントポイントやラインを増やすことなく、ヘリオスRS では5cm 幅の斜めリブテープしか必要としませんでした。

さらにC列の補強バンドを完全になくすことができました。

“インテリジェントライトウエイトデザイン”コンセプトのメリット:

  • 機体重量とパッキングサイズボリュームを減少
  • 乱気流での安定性を向上
  • 持ち運びやパッキングの際の負担の軽減

ニチノールリーディングエッジ:

HeliosRS

ニチノールは、高強度・耐熱性・耐腐食性の形状記憶合金です。ニチノールは、ニッケルチタニウム合金で、医療技術でよく知られており、スイングは他ブランドに先駆けて、パラグライダーのリーディングエッジ形成のための補強材として、⾧年にわたり研究・開発してきました。

ナイロンスティックによる補強に比べ、この高品質の材料は、湿度や温度の変動に影響を受けることがなく、縦方向の高い安定性と収縮・膨張などの変形がしにくい優れた寸法安定性をもっています。

つまり …:

  • 高速でのフライト中でも、最大限の空気力学的な質で形を保ち続ける緻密なリーディングエッジを形成
  • 長期間にわたり、一定にテンションを保ち続けることが可能
  • 実は丁寧にリーディングエッジを揃えてたたむことは必要ではなく、たとえ長い期間きつく詰め込まれたままであっても、ニチノールはダメージを受けません。

C ステアリング:

HeliosRS

ヘリオスRS では、C2ライザーとBライザーが連動し、ピッチコントロールを行える新開発のC ブリッジを採用しています。

このシステムにより、アクセルを踏み込んでのフライト中にCライザーにより、パイロットはスピードバーを緩めることなく、アタックアングル(迎え角)をより効果的かつ効率的にコントロールできます。

パフォーマンス重視のパイロットは、ヘリオスRS をアクティブにコン十ロールし、スピードを落とすことなく操縦することができます。

ハイスピード時やフルグライドじに高度ロスを少なくターンしたい場合や、何かしらの緊急時のコントロールのためには、C1ライザーをステアリングのために引き込むように使用することをお勧めします。

パーフェクトトレーリングエッジ:

HeliosRS

現代のパラグライダーでは、トレーリングエッジの形成が重要で、空力性能に大きく影響を与えることがわかっています。

ヘリオスRS では、このために効果の高いミニリブに加え、トレーリングエッジのバルー二ングを最小限にする3Dシェーピングを施しています。

さらに、ミニリブの縫製はすべて翼内部にステッチがくるようにしています。縫い糸が表にでていると、地面で引っ掛けて、変形させてしまったり、縫い糸が切れてしまったりすることがあります。

ヘリオスRS ではそのような心配はありません。

HeliosRS
HeliosRS
HeliosRS
HeliosRS
HeliosRS
HeliosRS

カラーバリエーション

カラーオーダーも承ります。(\37,000 税別・別途)

HeliosRS
ドリーム
HeliosRS
レベル
HeliosRS
スノーフレーク

DATA

Helios RS / ヘリオス RS XXS* XS S M L
LTF/EN認証 C
テイクオフウェイト (kg) 55 - 75 70 - 85 80 - 95 85 - 105 100 - 117
セル 60
翼面積実測 (m²) 19.5 20.8 22.4 24.9 27.0
翼面積投影 (m²) 16.9 18.0 19.4 21.6 23.4
スパン実測 (m) 10.9 11.2 11.7 12.3 12.9
スパン投影 (m) 8.8 9.1 9.4 10.0 10.4
アスペクト比実測 6.1
アスペクト比投影 4.6
機体重量 (kg) 3.5 3.6 3.9 4.1 4.4
最小沈加速度 (m/s) 1.0
トリム速度 (km/h) 40 ±1
最高速度 (km/h) 54±2
本体価格(税別) \590,000

*XXS サイズは現在認証取得中です。